hamburgermenu facebook twitter
取材のご依頼はこちらまで 03-6748-8454

『最高の再婚』私が3回目のデートでプロポーズされたヒミツ 第二部

『おふたりさま。サロン』
“カフェ・エンジェル”へようこそ!
本日のメニューは“最高の再婚・シニア編 ”第二部でございます。

【第二部:50代の再婚のポイントは“さ・し・す・せ・そ”】

第一弾は、いずみさんが成婚に至るまでの紆余曲折をご賞味いただきました。
『おふたりさま。はじめました』の著書で“カフェ・エンジェル”のラブバリスタを務める須野田 珠美の「幸せをつかむ方法(レシピ)」をメインにご紹介いたします。
また、『おふたりさま。サロン』を訪れたお客様からいただいた、活動中のリアル悩みや疑問にお答えした内容を合わせてご提供させていただきます。

【ラブバリスタ秘伝!再婚が上手くいく基本の調味料】

再婚のための”さ・し・す・せ・そ“とは?

さ…財布の問題を解決しておく
し…親族を味方につける
す…素直になる
せ…世間を無視する
そ…相談上手になる

50代からの婚活で必ず出てくる悩みのベスト5と言っても過言でないかもしれません。
プラチナ世代以降の恋愛は自分で抱え込まないことが大事だとラブバリスタは言います。
2017年3月1日に厚生労働省が発表した日本の平均寿命は男性80.75歳、女性は86.99歳で過去最高を更新しました。
50代で結婚しても、その後30年近く一緒に生きるんです。
だから、1人で強く生きる事に慣れてないで!シニア世代こそ相談上手になって、周囲を巻き込んで、今からでも二人寄り添って生きて欲しいと。
そのために知っておくと気持ちが楽になる調味料が「さしすせそ」なんです。
もっと追究して、幸せのレシピを自分のものにしたい方は、是非”カフェ・エンジェル“へ!経験豊富なラブバリスタがお待ちしておりますよ!

【ラブバリスタとおひとりさま卒業生に聞きたい事】

「おひとりさま。」女性が抱える悩み・疑問に本気で答えました!

Q1:色々立て込んでいて、活動を休止しています。再開しようか迷っています。どうするのがいいのでしょうか?

A:(須野田)
問題を抱えていたとしても、お仕事やプライベートがお忙しくても活動は休止しない方が良いと思います。
以前、介護で大変なので休止をしようか迷っていた方がいました。
でも、介護で大変な時にお見合いの機会を作ってくれたこと、大変さを理解したうえでお付き合いを続けたこと、それがきっかけで成婚に至った方がいました。
人生に問題は付きもの。チャンスは突然くるから閉ざさないでね。オープンハートを心がけましょう!

Q2:仕事の都合で遠方に行く為、期間限定の活動をしています。短い期間で成果をえるためにはどうしたら良いでしょうか?

A:(いずみさん)
逆に期限を決めることが、メリットになるかも知れませんよ。
お仕事も一緒で、プロジェクトには目標と期限を必ず設けますよね?そう考えてみてはどうでしょう?
まさに、社長の座右の銘「Love is action」が大事だと思います。
下手な鉄砲でも数打てば当たる。頭で考える前に行動。下手な鉄砲をたくさん打ってみてください。

Q3:お相手は会社経営をされている方で会話が上手なかなのに、私は、喋るのが苦手です。会話術を向上させるにはどうしたらよいでしょうか?

A:(須野田)
ありきたりですけど、やはり男性には“サ行の褒め言葉”が良いのではないでしょうか?
もちろん乱用はダメだけど、相手を尊重して使うなら効果的。
あと、言葉で気持ちを伝えられないなら、初めから素直に「おしゃべりは上手くできないんです…」と伝え、手振り身振りを使って気持ちを伝えても良いと思います。
健気な女性の姿を男性が見て可愛いと思ってくださることが大事ですから。

A:(いずみさん)
私も長く第一線でお仕事された方がお相手なので、よくわかります。私は、普段から仕事柄よくメモを取るんですね。
これは!と思う心にヒットしそうな言葉を書き留めておくんです。
あとは、それをコミュニケーションの中に使っていく。それと、褒めること。
褒められて嫌な気持ちになる方は少ないですから。やり過ぎは嫌みになりますけどね。笑

その他にもたくさんのご質問をいただきました。時間の都合上、公開できなかった質問シートのお悩みもありましたが、ラブバリスタ須野田もいずみさんも、カフェClose後に個々に質問にお応えしていました。
気軽にお越しいただけるカフェを目指して、ただいま企画進行中です。ご来店、そしてあなたからのご質問を心よりお待ちしております。

PAGE TOP