お見合いをセッティングする具体的な手順は?

2018年6月11日

今どきのお見合いのセッティング事情を理解してもらったところで、ここからはお見合いのセッティング方法を詳しく解説していきます。

多くの結婚相談所がお見合いのセッティングを以下の流れで行います。

1.結婚相談所に登録
結婚相談所に入会してプロフィール登録を行うところから始めます。会員に記入してもらったプロフィールが本当に正しいものであるか証明するために、ほとんどの結婚相談所で入会する際に以下の書類の提出が求められます。
・住民票
・独身証明書
・写真付き本人確認証
・資格や学歴の証明書
記入したプロフィールをもとに、会員が希望する相手の条件や結婚観、価値観をじっくりヒヤリングします。その後、入会してから1週間以内にお見合い用のプロフィール写真の撮影を行います。

2.条件にマッチした人を探す
登録したプロフィールとヒヤリングした内容をもとに会員の希望に合う相手を探します。相手を紹介する方法は2種類あり、1つはアドバイザー自身が検索システムの中から条件に合う人を探して紹介する方法です。もう1つは会員の好みに合いそうな結婚相談所主催の婚活パーティを紹介して、そこでカップリングになった人と後日改めてお見合いをセッティングする方法です。その他には会員自身が結婚相談所のマイページから検索して直接探すケースもあります。条件に合う人がなかなか見つからない会員に対して、アドバイザーが相手の探し方をアドバイスすることも少なくありません。

3.お見合いの申し込み
紹介した相手を見て会員がお見合いを希望したら、相手の担当アドバイザーに連絡してお見合いの申し込みを行います。相手がお見合いを希望したら、お見合い成立となります。相手が希望しなかったら、お見合いは成立しません。

4.期日・場所を決める
お互いお見合いを希望したら、担当アドバイザー同士でお見合いの場所や日程を調整します。この作業は結婚相談所のアドバイザー同士が行うため、会員同士では行いません。場所と日程の調整が終わったら、会員にお見合い当日の集合場所、日時を連絡します。

5.お見合い
東海地区など一部の地域を除いて、お見合い当日は直接会員同士で会うケースが多く、結婚相談所のアドバイザーが付きそうことはあまりありません。お見合いの場所はホテルのラウンジや結婚相談所内を指定するケースが一般的です。


関連記事

Top