開業する前に把握しておくべき料金設定

2018年7月2日

開業前に、どの程度の料金設定にするかを考えなくてはなりません。

設定は開業する地域の相場や、ターゲットとする層により変わってきます。

参考として一般的なものをご紹介します。

会員から入会時にもらうのが「入会金」です。

無料の相談所から2~5万円までとその幅は広くなっています。

入会時にはシステムの相談だけではなく、カウンセリングなども必要となるため相応の費用はいただくべきです。

会員のプロフィールを登録する際の「登録料」もあります。

これは、全国の結婚相談所が加盟する団体に所属し情報を共有するためのものです。

「月会費」は、相手を選ぶお手伝いや、お見合い・交際・成婚へのアドバイスをはじめとした業務に対する費用です。

相場としては5000円から2万円程度となっています。

お見合いを設定するごとに発生するのが「お見合い料」です。

相場としては1回に月5000円から1万円ですが、付き添いもする場合には加算されます。

めでたく成婚となれば「成婚料」がいただけます。

実際に入籍した時点ではなく、会員同士が結婚の意志を決めた時が成婚となります。


関連記事

Top