失敗のリスクを最小限に抑えて開業しよう

2018年7月2日

開業するにはリスクはつきものです。

多くのビジネスの中でも結婚相談所は、視覚や経験が不問とあって、多くの人が飛びつきやすくなっています。

また、開業資金の少なさや仕入れ・事務所が不要とあって、よく考えずに参入してしまう人がいることも事実です。

生半可な気持ちで開業するから、道半ばで挫折してしまうのです。

開業資金のすべてを自己資金でまかなえたとしても、立ち上げてからも毎月諸経費が掛かります。

会員がいないうちでも通信費や備品・消耗品・交通費・交際費は発生します。事務所を借り広告を打てばさらに経費は積みあがります。

収入が発生しなくても出ていく費用があることを常に頭に入れておきましょう。

開業のリスクを抑えるためには、家賃や広告費・備品類などは極力あるもので済ませることです。

本来は、仕入れもなく、在庫ももたない結婚相談所は比較的リスクが少なく始められるビジネスです。

NOZZE加盟店カウンセラーは、NOZZEの支店でお見合い、接客ができるので、事務所を借りる経費も抑えれます。

初めて起業する際には、入念に市場調査を行い、事業計画をしっかりと固めましょう。

結婚のお世話をしようという人は、元々世話好きで周りの人から頼られることが多いでしょう。

他人とかかわることや誰かの役に立つことを、喜びと感じる人もこの仕事に向いています。

ですが、仕事として割り切ることも必要です。ボランティアや趣味としてではなく、ビジネスとして取り組む覚悟も必要です。

理念と経営的な戦略を持って臨めば、長期的に利益が出るビジネスモデルです。

リサーチを怠らず開業準備も入念にすることです。

開業となっても、ここからがスタートです。

最初のうちは実績も知名度もないために、運営には苦労するかもしれません。

それでも、地道に取り組むことで結果がついてくるはずです。

1組でも多くの人の幸せのために尽力していきましょう。


関連記事

Top