NOZZE.(ノッツェ.)

結婚相談所ノッツェ.社長須野田珠美の公式コンテンツ
社長特別対談


ノッツェ.社長特別対談

[恋愛学]森川友義×NOZZE.代表須野田珠美
第1回目「結婚の政治経済学」
早稲田大学で「恋愛学」の講義を行なう、早稲田大学国際教養学部教授の森川友義(もりかわとものり)先生。
先生は政治学者でいらっしゃいますが、恋愛・結婚を学問として捉え、大学で教鞭を取り、この分野の著書も多数あります。森川先生には、結婚相談所ノッツェ.、一般社団法人結婚社会学アカデミーとタッグを組んでいただき、「恋愛力養成講座」をご担当いただいております。学生にも分かり易い、社会情勢も踏まえた興味深い話が、大変好評を博しています。
その森川友義先生に、NOZZE.代表取締役 須野田珠美が「結婚の政治経済学」について伺いました。


学問としての「恋愛・結婚」とは

須野田:本日は、早稲田大学で「恋愛学」の講義を行なう、森川友義(もりかわとものり)教授にお越しいただきまして、結婚相談所ノッツェ.(以下、ノッツェ.という)代表取締役である須野田珠美がお話しさせていただきたいと思います。
2018年11月より森川先生とノッツェ.そして、一般社団法人結婚社会学アカデミーがタッグを組み、「恋愛力養成講座」を開講いたします。それにあたりまして今回は森川先生から色々なお話を伺いたいと思っております。 私、先生のお話も含めて、いろいろな本を読ませていただいていますが、政治学者でいらっしゃる先生がどうして恋愛を学問として教えていこうと思われたのか、とても興味があります。

森川:政治学者が恋愛学をやっていると最初に訊かれる質問です。
政治学は政治の諸問題を扱う学問ですが、わが国における政治の諸問題は何かというと、消費税だったり、防衛だったりするのですが、その中に「少子高齢化」問題というものがあります。「高齢化」問題は「少子化」が起きるから生じると考えることができます。では「少子化」問題とは何かと言うと、合計特殊出生率が1.4になり、人口が減少してきているということです。2006年に日本の人口は1億2千800万人でピークを迎えたのですが、現在はジェットコースターが真っ逆さまに落ちていく勢いで人口が減少している現状があります。今後30年の間に少なくとも2千5百万人は減ってしまうことが予想されています。だいたい東京都、千葉県、埼玉県を足した人数が日本からいなくなってしまうということです。それでは、その少子化問題の原因は何かと申しますと、端的にいうと結婚しない男女の増加なのですね。既婚者の出生率というのは1.94です。つまり、いったん結婚すればほぼ2人の子どもをもうけている。しかし全体の出生率は1.4ですから、少子化の原因というのは根本的に独身の男女の増加と捉えることができます。というわけで、若者に恋愛してもらって結婚してもらえれば、少子化問題が解決します。少子化問題が解決されれば、高齢化問題も解決されるという理屈になりますね。ですから、政治学者が恋愛学を教えているのです。

※続きはパソコンまたはスマホからご覧いただけます※

対談一覧に戻る




まずは資料をお取り寄せ
※社名を伏せてご郵送いたします



お問い合わせ

0120-031-554(お近くの支店に繋がります)
question@nozze.com

入会ナビ


メニュー

サービス内容
パーティーレポート
ご成婚カップル
会社概要
支店一覧
広報プレスリリース
イメージモデル紹介
来社予約



PAGE TOP↑ PAGE DOWN↓



メール指定受信の設定はコチラ
著作権について
個人情報保護方針
サイトマップ
TOP



Copyright ノッツェ.
結婚情報センター All Rights Reserved.