NOZZE.(ノッツェ.)

結婚相談所ノッツェ.社長須野田珠美の公式コンテンツ
社長特別対談


ノッツェ.社長特別対談

[社会学]森川友義×NOZZE.代表須野田珠美
第2回目「結婚の社会学」
東京大学で「社会学」の講義を行う、東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授の赤川学(あかがわまなぶ)先生。
先生は社会学者でいらっしゃり、歴史社会学、人口減少社会論を中心に大学で教鞭を取り、この分野の著書も多数おありです。ご自身が学生結婚をされ、その際に「ヒモ」だったという経験もおありで、銀婚式を済まされた、これまでの結婚生活のエピソードも興味深いです。
その赤川学先生に「結婚の社会学」について伺いました。


「社会学」から見た結婚の諸問題とは

須野田:本日は東京大学で「社会学」の講義をおこなう、赤川学教授にお越しいただきまして「結婚の社会学」というテーマで、婚活中の皆様や結婚を迷っている方に向けて、現実的なアドバイスをしていただきたいと思います。

赤川:宜しくお願いいたします。

須野田:赤川先生が講義されている社会学の中では「結婚」はどのような段階で位置付けられていますか?

赤川:私は社会問題の社会学、という堅苦しいテーマで行っているのですが、社会問題にはいろいろなものがあります。環境問題、政治問題、差別の問題など様々あり、私が基本的に考えているのは、社会問題を人々がどのような社会問題として語るか、例えばどのような問題を原因として設定するかということで、解決策も違ってきます。そのようなことを研究の対象にしていまして、元々は少子化の問題や、それから「性」の問題。それに関して人々が社会問題化する過程、プロセスを研究していましたので、結婚は直接的に研究してきたわけではないのですが。

須野田:性の問題の中に結婚という問題も存在しているわけですね。
例えば今、晩婚化・非婚化と日本では言われていますが、ずばりその婚姻数が減少している原因はどこにあると思いますか?

赤川:そうですね。これはずばり答えるのは難しいところがありますが、大きく分けて二つの考え方があると思います。
一つは経済学の先生や、政府の少子化対策を考える人たちが言うのは、結婚したくても出来ない状況があるということ。例えば、女性が仕事と子育ての両立をしづらく、男性の給料が低く非正規雇用になり、状況が悪いから結婚出来ないという説明をされる方が一定数おられる。私は社会学という立場から研究してきて、割と歴史的な変化を見ようと考えているのですが、一言で言うと人が結婚しなければいけないという規範ということなのでしょうか。みんな結婚するものだ、誰もが恋愛するべきだという、そのような考え方が弱くなってきている、ということがベースにあるのかと思います。
もう一つはそういう一方で、結婚や出産や子育てに対する人々の期待、期待値が高くなっていて、それが故にかえって結婚や出産が難しくなっている、のではないかと思います。

※続きはパソコンまたはスマホからご覧いただけます※

対談一覧に戻る




まずは資料をお取り寄せ
※社名を伏せてご郵送いたします



お問い合わせ

0120-031-554(お近くの支店に繋がります)
question@nozze.com

入会ナビ


メニュー

サービス内容
パーティーレポート
ご成婚カップル
会社概要
支店一覧
広報プレスリリース
イメージモデル紹介
来社予約



PAGE TOP↑ PAGE DOWN↓



メール指定受信の設定はコチラ
著作権について
個人情報保護方針
サイトマップ
TOP



Copyright ノッツェ.
結婚情報センター All Rights Reserved.