NOZZE.(ノッツェ.)

結婚相談所ノッツェ.社長須野田珠美の公式コンテンツ
社長特別対談


ノッツェ.社長特別対談

[男性不妊学]小堀善友×NOZZE.代表須野田珠美
第4回目「結婚の男性不妊学」
獨協医科大学越谷病院で「男性不妊症、勃起・射精障害、性感染症」がご専門の泌尿器科専門医 小堀善友(こぼりよしとも)先生。
専門分野を突き詰めた結果(?)男子4人のお子様をお持ちの小堀善友先生に、NOZZE.代表取締役 須野田珠美が「結婚の男性不妊学」について伺いました。


男性不妊の原因とは?

須野田:本日は、泌尿器科医で、男性不妊症を専門分野とされる、小堀善友先生にお越しいただきまして、「結婚の男性不妊学」というテーマで、これから社会の中で男性の不妊がどのように増えていくのか、今後どのように対応すると良いかなどを伺いたいと思います。 少し前までは、赤ちゃんができないのは女性の不妊が原因と言われていましたが、今は逆に、男性の不妊のほうが多いのではないかと思うくらい相談が増えています。小堀先生、まずは、男性不妊の原因を教えていただけますか?

小堀:はい、ここ40年で50%の精子が減ったというデータがありまして、一番の原因は、生活習慣の変化だと考えます。
例えば、200年前の人は、暗くなると夜8時には寝ていましたが、今は夜12時を過ぎてもお酒が飲める環境です。忙しく仕事をしているということもありますが、どんどん生活が変化しています。いわゆる「ミスマッチ病」というものがあり、イスに座る時間が長ければ長いほど、腰痛症が増える、心臓の血管がつまるなどの症状が出るのです。なぜかというと、昔はイスには王様しか座ることが出来ませんでしたが、産業革命後は皆が座れるようになり、座って勉強できるようになったので学校ができて、また、座って仕事ができる職業が増えてきました。
昔から300万年の間は、ホモサピエンスとして狩りをしていたのが、ここ一万年ほどで農耕を始めて、産業革命で大きく変化し、さらにスマホが開発されたのが最近のことです。目まぐるしく社会が変わる中、体がついていかない。そうすると、いろいろな病気が起きます。がんもそうですし、糖尿病、肥満もそうですね。酸化ストレスという老化ストレスがかかり、一番最初に何が影響を受けるかというと、「不妊症」なのです。すべては、生活習慣の変化ということが考えられます。

須野田:先日、テレビ番組で、座っている時間が長い人のほうが早死にするという特集があり、驚いてすぐに立ち上がりました(笑)
なるべく下半身を動かす適度な運動が必要ということでしょうか?

小堀:そうですね。
医者としてデータ上の話をしますと、やはり、一時間座っている内の、何分かは立つということをしないと、病気などのリスクが高くなるという結果が出ています。

須野田:その番組では、一時間ごとに5分立って軽い運動をする習慣を持つのが良くて、座りっぱなしが一番良くないとのことでした。女性は子宮を圧迫されますね。それによる不妊症も多いと聞きます。血流が著しく悪くなり、心臓にも良くないと放送されていました。医学の進歩と同時に、昔は良いとされていたことが、逆に悪いとか、食べ物でも同様にありますね。 やはり最新の医学に、よく耳を傾けて、今出来ることから改善していくべきだと思います。先生、男性の不妊に良い食べ物はありますか?

小堀:いくつかありますね。
データとして出ているのは、例えばナッツを食べる人、魚の消費量が多い人が精液検査の結果が良好であるということ。それはよくよく考えると、ナッツや魚を多く食べている人が健康であるということは昔から知られていることです。ですので、俗にいう健康的な食生活を送り、例えばりんごだけを食べるという極端なことをしなければ良いのです。それが、妊娠するための力、妊孕性(にんようせい)につながります。

※続きはパソコンまたはスマホからご覧いただけます※

対談一覧に戻る




まずは資料をお取り寄せ
※社名を伏せてご郵送いたします



お問い合わせ

0120-031-554(お近くの支店に繋がります)
question@nozze.com

入会ナビ


メニュー

サービス内容
パーティーレポート
ご成婚カップル
会社概要
支店一覧
広報プレスリリース
イメージモデル紹介
来社予約



PAGE TOP↑ PAGE DOWN↓



メール指定受信の設定はコチラ
著作権について
個人情報保護方針
サイトマップ
TOP



Copyright ノッツェ.
結婚情報センター All Rights Reserved.