NOZZE.(ノッツェ.)

結婚相談所ノッツェ.社長須野田珠美の公式コンテンツ
社長特別対談


ノッツェ.社長特別対談

[家族社会学]山田昌弘×NOZZE.代表須野田珠美
第5回目「結婚の家族社会学」
「婚活」「パラサイトシングル」「格差社会」といった造語を考案・提唱する中央大学文学部教授の山田昌弘(やまだまさひろ)先生。
ご専門である家族社会学・感情社会学、ジェンダー論の枠に留まらず、著書も多数おありの方です。
今回は「婚活」という言葉の生みの親である山田昌弘先生に、NOZZE.代表取締役 須野田珠美が「結婚の家族社会学」について伺いました。


これからの結婚の形とは

須野田: 明治憲法の制定により、「夫婦が同姓で同じところに住み、同じ生活をおくる」という現在の結婚制度ができましたが、今は別居婚、週末婚、[※1]夫婦別姓など、これまでの結婚の形が古くなって当然の時代になりました。ただ、形の変化はあってもパートナーと共に人生を生きていくことは、続いていって欲しいと思います。
例えば、先生が少子化担当大臣でしたら、新しい結婚の形に必要なことなど、何を提唱されますか?
※1:夫婦別姓=夫婦が結婚後も改姓せずそれぞれの婚前の姓を名乗る婚姻および家族形態。現在日本ではこの制度は制定されていない。

山田:やはり、多様性を広げることが必要だと思っています。
欧米のケースと比較しますと、男性一人の稼ぎで生活を支えなければいけないという意識を払拭することが一番です。もちろん取り組まれていることもありますが、女性が働きやすい環境を作ること。また、日本は一旦レールから外れると正社員として復帰しにくい社会ですので、いろいろなところで再チャレンジができれば、結婚がしやすくなる社会となります。今の日本はパートナーがいないといろいろな意味で生き難い社会になっています。今日、高齢者婚活について、というインタビューを受けたのですが、少子化対策だけの婚活支援をすることに私は反対しています。

須野田:先生の85歳の男性と79歳の女性の結婚のお話しはいいなと思いました。私もまだまだ再婚できるかなと思って聞いておりました。

山田:今は孤独死も問題になっていますので、それを防いだり、いざとなった時に、助けるという存在も人生にとっては必要です。また、楽しいことがあった時に、一緒に楽しんでくれるという人は必要だと思います。

須野田:オタクやバーチャルをやっているのもいいですけれど、実体験が無さ過ぎますよね。

山田:難しくなってきましたね。先日、「[※2]ソロ活」という番組に、ソロ(おひとりさま)でいいの?という反対意見者としての立場で出演しました。
そこで分かったのは、ソロでいいと言っている人はネットに依存しているということです。映画を一人で観るのは良いのですが、観た後に良かった…などと話す人が必要ですよね。2〜30年前までは、それがリアルな人でないとダメでしたが、今はネット上で感想を書いたり、美味しいものを食べたらインスタグラムにあげて、シェアすることができるので、それが未婚化に拍車を掛けているのだと思います。でも、バーチャルをやめろとも言えないですよね。
※2:ソロ活=周りと積極的に関わりをもつことなく、時間もお金も自分のために使うという動きのこと

※続きはパソコンまたはスマホからご覧いただけます※

対談一覧に戻る




まずは資料をお取り寄せ
※社名を伏せてご郵送いたします



お問い合わせ

0120-031-554(お近くの支店に繋がります)
question@nozze.com

入会ナビ


メニュー

サービス内容
パーティーレポート
ご成婚カップル
会社概要
支店一覧
広報プレスリリース
イメージモデル紹介
来社予約



PAGE TOP↑ PAGE DOWN↓



メール指定受信の設定はコチラ
著作権について
個人情報保護方針
サイトマップ
TOP



Copyright ノッツェ.
結婚情報センター All Rights Reserved.