hamburgermenu facebook twitter
取材のご依頼はこちらまで 03-6748-8454

成婚エピソード「勇気を出して行動すれば…」

こんにちは、NOZZE広報部です。
前回の「探検ブログ」に続き、千葉支店の松島アドバイザーに、印象に残っている会員様の成婚エピソードを聞きました。

当時40代前半の女性が訪ねて来られたんで。

離婚されていて、20歳前後のお子さんが2人いらっしゃいました。再婚したい気持ちは強いのですが、とても慎重。NOZZEに入会することもどうしようかと悩んでおいでです。
「登録しても素敵な方に出逢えるとは限らない」
「行動しないと出逢えないと分かっているけれど、やっぱり悩む」
と、ずっと悩んでいらっしゃいました。入会されてからも思うように婚活が進まないから退会したいと言われたので、また婚活に前向きになれるかもしれないから休会にしたらどうですかとアドバイスさせていただいて、とりあえず休会されたんです。

しばらくしてから連絡があって、婚活を再開。そして最初に申し込まれた男性とメールでやり取りがスタートしました。というのも女性は千葉在住ですが男性は北海道在住。稚内でホタテ漁を営む漁師だったんですね。すぐに逢えない距離なのでメールで毎日やり取りをしたそうです。

メールのやり取りが続く中で、ふと女性は、
「仕事で忙しいから、毎日メールの返信をするのも大変だろう」
と思って、それまで毎日送っていたメールを1日だけ送らなかったそうです。すると男性からもメールが来なかった。やはり忙しいのかな、毎日メールを送るのは負担だったかもしれないと思って、次の日に何でメールをくれなかったのかと聞いたら男性側も、お互い日常生活があるのに、毎日メールを送ったら申し訳ないなと思ったと言ったそうです。つまりお互いがお互いを思いやって、メールを出さなかったということが分かった。その時に女性は自分の気持ちに気付くことができたんだそうです。

それから1カ月後に女性は北海道に行って、男性に逢いました。
男性は前の奥様と死別し、再婚したいとNOZZEに入会したのですが、奥様がご病気になって入院していた病院に毎日通って看取ったという話を聞き、本当に優しい人だと分かって迷いがなくなったそうです。
女性は男性と結婚し、北海道に行ったんです。NOZZEに入会することすら迷っていたのに、北海道に行くなんてすごく冒険ですよね。よく決断できたなと思いました。
一度、北海道から連絡があって、どうなのって聞いたら、漁師だから朝は早いけれど、仕事から帰ってきたら2人で買い物に行ったりして悠々自適にやっていますと嬉しそうに話していました。

20150806_02

やはり勇気を持って行動すれば出逢いは待っているんだなと思って、悩んだり落ち込んだりしている会員様にこのエピソードを話したら、
「それってホタテ御殿ですよね?」
って言われてびっくりしました。会員様の話だと、稚内にはホタテ漁で稼いだ方の立派なお家がたくさん建っているとテレビ番組で紹介されていたとか。すごいところに嫁いだんだなと思いましたよ(笑)。

20150806_03

今まで本当にたくさんのカップルを見てきました。
千葉県と北海道という遠距離のご成婚カップルや、年齢差27歳。男性68歳と女性41歳のカップル。それから男性が養子になったカップルなど本当にさまざまです。でもこうした出逢いが実現するのはNOZZEだから。データマッチングだけだと最初の条件を選んだ時点で出逢えないことになります。アドバイザーからのサポートもあるから27歳差のカップルも誕生するんです。だから諦めないで行動しましょうと、いつもお伝えしています。
そんな話を聞くと会員様も励みになるみたいですね。

遠距離や離婚経験、お子さまがいる、年齢差など、お相手が見つからないかもと諦めてしまいそうな条件があっても、それを乗り越えて結婚された会員様がたくさんいらっしゃると聞くと、確かに私も頑張ろう!と思えますね。
「探検ブログ」では、今後も婚活に前向きになれる婚活エピソードをご紹介していきます。ぜひ参考になさってください。

NOZZEの女社長 須野田珠美のブログ 『Love is Action!』はこちらからご覧になれます

PAGE TOP