収入を増やす働き方を選べる人気の複業、結婚相談所の開業

2020年5月10日

副業、複業、収入を増やすために新しい仕事を増やすことをいいます。
結婚相談所は本業がある方もチャレンジがしやすく、需要も増えてきていることから人気があります。

今までの経験を活かせる仕事だよ♪

人生100年時代、第2の人生を考えよう

人生100年時代を迎えた今の日本では、今までの60歳まで働き、老後は趣味を楽しむ…という考えは変わってきました。
50歳はちょうど折り返し地点、まだ50歳なのです。60歳からは第2の人生が始まります。最近は、年齢よりも若々しく見え、イキイキと人生を楽しんでいる方が増えてきました。やりがいを見つけ、自分の人生を楽しんでいるからこそ、いつまでも若々しくいられるのでしょう。
50歳からの人生は、今までの経験を活かし、新しいことを始めてみるのはいかがでしょうか。新しいことを始めると、今までと違った学びを得たり、関わることがなかった人と繋がり、あなたの環境も変わることでしょう。

人生のメンテナンスとして、今までの人生を振り返り、つちかった経験を、今後は何かに活かせないか、一度考えてみるのも楽しいですね。

新しい働き方、副業か複業か

最近、インターネットや書店で「複業」という言葉を目にしませんか?新しい働き方として注目が集まっています。複業の検索数は、働き方改革が始まった2017年頃から徐々に増え、今では「副業」と並ぶ程の検索数です。

「副業」

本業とはまた別の仕事で収入を得ることを言います。サイドビジネスとも呼ばれ、アルバイト、在宅ビジネス、内職など本業の収入に、プラスになるために仕事をすることで

2018年1月、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除しました。これまでは労働者に「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定がありましたが、これを無くし、新たに「副業・兼業」という章を設けて条文を追記しました。これを受け、副業を解禁する会社が少しずつ増えてきました。副業を禁止している会社もありますので、トラブルを防ぐためにも会社に確認はしましょう。

「複業」

本業を複数持つことを言います。すべての仕事が限りなく本業に近いものになりますので、どの仕事もプロとして行う必要があります。

複業のメリット、デメリット

複業について詳しく見ていきましょう。

複業のメリット

・収入が増える 
副業にも言える事ですが複数の仕事をすることで収入アップが期待できます。

・リスクヘッジ 
他の仕事・本業の業績が良くない、離職等で収入が減る、もしくはなくなった際にそれを補うことができます。

・他の仕事が活かせる
保険代理店×結婚相談所、エステサロン×結婚相談所、ウェディングプランナー×結婚相談所、既にお持ちの資産やスキル、人脈を有効利用できる

・働き方を選べる
副業は本業の空いた時間でというのが多いパターンですが本業が忙しいと副業に手が回らないこともあります。「複業」なので複数の仕事の時間を自分でスケジューリングすることを視野に入れます。特に自営業の方はお仕事にもよりますが空き時間が調整しやすい傾向です。空いた時間を有効利用して仕事ができます。

複業のデメリット

・仕事の時間が増える可能性がある
副業にも当てはまりますが、複数の仕事それぞれに対して責任が発生します。それぞれで繁忙時期やトラブルがあったりすると仕事に取られる時間が増える可能性があります。

自分のステップアップになるのが、複業!

副業は、現在の収入のプラスになるために行う仕事です。
複業は、すべての仕事を本業として行う必要があります。複数の仕事をすることは、効率の良い時間配分を考えなくてはいけません。仕事をうまくこなすことで、自分のスキルアップになります。
また、日々同時進行で行っていくことで、頭の中も毎日フル回転です。やりがいのある仕事を毎日楽しむことが、若さを保つことになりますね。

複業は、これまでの経験を活かせるチャンス

アルバイトも含め、様々な仕事を経験したことがある人もいるでしょう。また、ボランティアや地域の活動をしてきた人もいるでしょう。
副業は収入を増やすためですが、複業は人生を楽しむためのものです。NPOや団体を立ち上げることも、立派な複業です。これまでの経験、人脈を活かし自分の理想の働き方を見つけることができるでしょう。

今まで働く中で、どのような仕事の人と関わってきましたか?一緒に仕事をしたら楽しいのでは?と浮かんだ人はいませんか。力を合わせることで、利益を生める仕事はたくさんあります。
街の写真館で、ベビーマッサージの教室を開いたら、その時赤ちゃんだった子どもが、小学校入学式や成人式の行事の時などに、同じ写真館を利用するようになりました。タクシー会社が、市内のケーキショップと合同で食べ歩きツアーを開催した所、SNSで話題を集め、定期的に開催されるようになり、ケーキショップの売上も伸びました。

このように、違った分野と一緒に仕事をすることで、話題性が生まれ、利益に繋がるのです。

婚活ビジネスは、いろんな仕事と組み合わせることが収入になる

飲食を経営しているなら、婚活パーティーを開催できますし、エステサロンを経営しているなら、お客様が外見を磨くことで、婚活を始める方もいるでしょう。ファッションが得意なら、デートのコーディネートを教えることができます。

その他にも、マナー講師、心理カウンセラー、ネイリストと婚活ビジネスと絡めて出来る仕事はたくさんあります。今の仕事を活かしながら婚活ビジネスに繋げられるのです。

副業は収入を増やすためのものと言いましたが、複業は、自分自身が楽しむために働くことを言います。婚活ビジネスも、ビジネスと付くからには利益は必要なものです。しかし、婚活ビジネスが他と一番違うことは、結婚という人生のお手伝いをすることが収入になることです。

NOZZE.加盟店のベテラン結婚カウンセラーに、結婚相談所を運営していくなかで、一番嬉しかったこと、辛かったことを、聞いてみました。

「大変と思うことはありません。毎日楽しく仕事しています。」

ベテラン加盟店の2人に聞いてみよう!
結婚相談所を運営していてうれしかったことはなんですか?

会員様の成婚がなによりうれしいです!

会員様の成婚!その一言です!

つらかったことはありますか?

大変と思っていたら、続けていないので。
大変と思うことはありません。

大変さも楽しみに含まれているので、
つらいと思ったことはないです。

岸田カウンセラーも阿部カウンセラーも、同じことを仰っていますね。

結婚相談所を運営するなかで、会員様の成婚、これに勝るものはありません。入会した時から会員様に親身に寄り添い、成婚まで支える。半年で成婚する方もいれば、何年も成婚までかかってしまう方もいます。会員様も、日に日に成長していくので、その姿を見るのが嬉しいと、お2人共素敵な笑顔で話してくれました。

他の結婚カウンセラーにもアンケートをとりましたが、皆様辛かったことは、ほとんどないとのことです。
なかなかお見合いや成婚が決まらない会員様もいますが、今後どうしていくか悩みながら、会員様と解決していくことも楽しい。手を掛けた会員様が成婚退会した後、結婚式の手紙や、子どもが産まれた報告を受けると、自然と涙が出て、この仕事をしていて良かったと思う瞬間だそうです。

会員様と一緒に成婚に向けて頑張ることが、結婚カウンセラーとしてのやりがいになるのですね。会員様もですが、結婚カウンセラーもひとりひとり関わることで、成長しているのかもしれません。

やりがいを感じながら、成長できる。結婚カウンセラーは自分のステップアップ!

複業は、自分自身の経験や人脈を活かし、自分の成長のために働くことです。自分も成長でき、それが収入になる仕事を見つけることが出来たら、人生がもっと楽しくなりますね。NOZZE.の結婚カウンセラーは、皆様、本当に素敵な笑顔をしています。

自分の人生が楽しいからこそ、人の幸せを心から願うことができます。結婚相談所の仕事を辛いと思っているなら、人の幸せを作ることもできません。ビジネスなので、大変なこともありますが、それ以上の喜びがあるので、大変と感じることがないのでしょう。今までの人生で、沢山の方からご恩を受けてきた、今度は自分が人を幸せにしていきたい。または、自分の結婚生活で学んできたことを活かし、結婚の良さを伝えたいなど、結婚相談所を開業する方は、今度は誰かを幸せにしたいという思いから初めている方が多いようです。

結婚相談所は、多くの悩みを抱えた会員様が入会します。お付き合いをしたことがない方、人と会話をすることが苦手な方、自分に自信が持てない方など悩みは様々です。悩みの異なる会員様と話すことで、アドバイスできる上手なトークも増えますし、解決策を考え会員様に教えてあげることができます。自分のアドバイスで会員様が楽しく婚活をし、お付き合いから成婚までいけたときの喜びは大きなものです。結婚カウンセラーにとって大事なことは、会員様にいかに寄り添うかです。

しかし、会員様に間違えて教えてはいけないことが、結婚カウンセラーは、会員様が成婚をするためにサポートする存在であり、成婚まで頑張るのは、会員様自身だということです。中には、結婚相談所に入会するだけで結婚できると思う方もいます。「成婚できるといったじゃないか」という声を頂くこともあるかもしれません。婚活は自分自身の頑張りが必要になります。その後押しをすることが、結婚カウンセラーの役割なのです。

結婚カウンセラーを始めることで見つかる、新しい自分の生き方

婚活ビジネスを始めると、様々な職種の方と関わることが増えていきます。婚活パーティーを主催すると、飲食経営者、商店街、自治体の方と知り合うきっかけになります。会員様が活動していくために必要なプロフィール写真も、街の写真館をご紹介したり、おすすめの美容院を教えてあげることで、双方が良い関係を築くことができます。

結婚相談所は、横の繋がりがとても大事です。友人からの紹介や口コミが大事になりますので、地域とのコミュニケーションはどんどんとっていきましょう。様々な職種と関わることで、自分が始めてみたいことがまた出てくるかもしれません。

新たな複業を見つけることで、ますます人生が楽しくなり、自分の生き方も変わってくることでしょう。50歳はまだ折り返しです。100歳まで楽しく生きていくためにも、一度自分の人生を振り返ってみるのはいかがでしょうか。

自分の人生を活かし、社会貢献になる結婚相談所

60歳は「第二の人生」と言われ、定年後の過ごし方をどのように楽しむか既に考えている人もいるでしょう。しかし、60歳になってから、いきなり起業は難しく、その準備をするのが50歳からなのです。
10年あれば、具体的にやりたい事もまとまりますし、一番大事な資金の部分もどのように準備していくか考えることができます。今後の10年は、第二の人生に向けての準備期間とし、どのような人生を今後過ごすか、起業するなら何を学ぶべきか。資金はいくら準備するかなど、具体的に考えておくと、60歳になった時、焦らずに第二の人生を楽しむことができます。スキルアップのための10年間と考えておくと、心に余裕も出ますし、その間に、もっと良い案が生まれるでしょう。
50歳になるころには、すでに子ども達が成人し、独立している夫婦もいるでしょう。子どもを育てる期間、夫婦も子どもと共に、学ぶことがあり、成長していきます。振り返ると、沢山の人との出会いがあり、結婚の良い部分も悪い部分も経験しています。どちらも経験をしてきたからこそ、人に良いアドバイスをすることができます。

50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」について、2015年の国勢調査の結果、男性で23.37%、女性で14.06%にのぼったことがわかりました。前回の2010年の結果と比べて急上昇し、過去最高を更新しています。男性のおよそ4人に1人、女性のおよそ7人に1人が生涯未婚であることがわかりました。「結婚離れ」が進んでいる今、結婚の良さを伝えていく必要があります。

結婚の良い部分よりも、悪い部分の情報が多く飛び回り、一人で生涯を終えたい人が増えています。このままでは、人口は増えず、税金負担も増えることが予測されています。結婚する人を増やすことは、日本社会の大きな課題となっています。結婚の良さを伝え、結婚に導くことは、立派な社会貢献になります。

結婚の形も時代と共に変わってきています。今、結婚を悩んでいる人には、事実婚、週末婚、年の差婚など、新しい結婚の形を伝えていく必要があります。結婚相談所は新しい出逢いをつくる場所です。そして新しい時代をつくっていく場所です。

これからは他の人の人生をサポートする仕事をしてみるのはいかがでしょうか。結婚相談所は、自分の人生経験を活かしながら、人を幸せに導く素晴らしい仕事です。結婚カウンセラーとして、あなたの力で、結婚の良さをどんどん伝えていきませんか?

結婚の良さを伝える仕事だよ♪


関連記事

Top