【 北陸地方  富山・石川・福井の婚活事情】地域貢献になる結婚相談所の開業はNOZZE

2021年3月27日

北陸地方 富山・石川・福井の婚活事情についてご紹介します。北陸地方は生涯未婚率が全国でもっとも低く結婚の文化が強く根付いています。結婚の良さをしっているからこそ結婚カウンセラーのお仕事はピッタリです。

福井県は、女性の生涯未婚率が日本で一番低いです!

ノッツェ.加盟店

「住みよさランキング2020」全国総合トップ50。北陸地方は10位中6市もランクイン!

東洋経済『都市データパック』編集部が1993年から発表している「住みよさランキング」で北陸地方が多数ランクインしています。

1位の石川県野々市市は新幹線の駅がある金沢市の隣に位置し、金沢工業大学や石川県立大学があり、若いファミリー世代を中心に人口が増加中です。トップ10の中に石川県は5市もランクイン、福井市は5位です。
北陸地方は利便度がとても高く、店舗の規模も大きいことから買い物のしやすさも影響しています。一部では、子ども医療費助成も18歳まで適用され、自然をふんだんに取り入れた公園も多く子育てがしやすい環境です。

2019年に北陸に住もう~移住・UIターンガイド~が開設され、二地域居住、地方移住に力をいれています。
テレワーク化が進み都心の会社に勤めながら、地方に移住する人が増えました。北陸地方は新幹線の便が良いことから、東京、名古屋、大阪からの移動がしやすい場所で、住みよさランキングから見ても生活のしやすがわかります。北陸地方で結婚相談所を開業した場合、北陸地方だけで相手を探さず、住みやすさ、交通の便が良いこと、利便性などをしっかり伝えることで、関東、関西、甲信越と範囲を広げてもマッチング率をあげることができます。

今は結婚のかたちも変わってきているので別居婚、通い婚も珍しくありません。どちらかの拠点が北陸地方であっても通うことができますし、住む場所は変わっても仕事を辞めずに今の生活の質を上げることはいくらでも可能な時代です。仕事も結婚も無理をせず、自分たちなりの自由なスタイルで生活ができる時代になりました。

参考資料:「住みよさランキング2020」全国総合トップ50
参考資料:北陸に住もう~移住・UIターンガイド~

富山県について

世界遺産の相倉合掌造り集落があります。現在も23棟の茅葺の合掌造り家屋では生活が営まれていて、雪が降る冬のライトアップは幻想的です。立山黒部アルペンルートは美しい紅葉が見られ黒部ダムの水量の多さは圧巻です。

富山県は美術館、博物館が多く、世界的な建築家「隈研吾氏」が設計した「富山市ガラス美術館」、2017年に新しく生まれ変わった「富山県美術館」は建築家「内藤廣」が設計し、大きなガラス面が多く配され近代的な建物です。近くには世界一美しいと言われるスターバックスもあります。

富山の薬の歴史は古く置き薬は有名です。江戸時代から薬製造の技術が根付いていたようで、体に優しく安心だといわれる和漢薬を今でも生活で取り入れています。

日本海で漁れる魚で握るお寿司はとても美味しいことで有名です。ひみ寒ぶりは最高級ブランドとして知られ、ホタルイカ、白エビ、マス寿司、かまぼこと魚介を使った特産物も昔から食べられてきました。
富山県は建築物や食べ物など見た目が美しい文化を古くから好み大切に維持してきたようです。

参考資料:とやま観光ナビ

富山県の婚活事情

生涯未婚率
平成27年/男性17.52%・女性6.72% 

平均初婚年齢
平成28年/男性30.8歳・女性29.1歳

生涯未婚率が女性は日本で45位。男性も38位と低い数字が出ています。生涯未婚率は男性も女性も富山県、福井県、石川県は低く、結婚の文化が根付いている県です。富山県は結婚式にかけるお金が他県に比べて高額です。嫁入り道具を今でもしっかり揃えたり、結婚式の引き出物も数が多く、メデタイとかけて鯛を送ったり、鯛のかまぼこで代用します。結婚の文化をしっかり大切にしていることがわかります。

富山県は持ち家の所持率が全国で1位、貯蓄額は全国5位です。今でも家は婿側が用意する文化も残っているそうです。仏壇やお墓も立派で先祖を大切にしていることがわかります。貯蓄額も1人あたりの消費支出も多いのですが、夫婦で共働きで毎月に稼ぐ額が他県に比べて高額です。働く時はしっかり働き、使うべきところではしっかり使うようです。国内旅行者の数も全国1位で家族との時間を大切にしていることがわかります。親の姿を見て、結婚、家族を作ることが人生の中でごく普通のこととなっています。

参考資料: 都道府県別 持ち家住宅率の高い県はどこ?
参考資料:日本一おカネを遣いまくる「富山人」の生態

しかし結婚の文化が強いことで結婚をしなくてはいけない。という焦りも出てきます。富山県は大手の結婚相談所は少なく、個人で開業をしている結婚相談所です。結婚相談所の数が少ないわりに、生涯未婚率が低いことから結婚相談所の役割が大きいことが伺えます。会員のサポートをしっかり行い良き相手を紹介することで、低い生涯未婚率をキープしています。

富山県の離婚率

 婚姻件数/4,234件
 離婚件数/1,322件
 離婚率/31.2%
 平成30年

離婚率は低い結果が出ています。統計的に見ても日本海側は離婚率が低く、特に北陸地方は低いようです。世帯収入が高い県は離婚率が低いのですが、富山県は共働きで世帯収入が多く、持ち家の文化が強いことから離婚になりにくいようです。また先祖や親戚付き合いを大切にすることから世間帯も気にしています。

結婚相談所のマッチングシステムは家族構成、収入、学歴などがわかります。結婚後の世帯収入はとても大切なのであらかじめ相手のことがわかると結婚後のシュミレーションがしやすくなります。富山県で結婚相談所の開業を成功させるのは、富山県の独自の結婚観を理解して、近い価値観の相手を見つけてあげることです。

石川県について

2015年北陸新幹線が開通しました。金沢駅の周りは次々に商業、観光施設が建ち、おもてなしの心を表わしたガラスの建造物「もてなしドーム」その正面には立派な「鼓門」が構えます。新幹線開業から2年目、石川県に県外企業は約70社も新設しています。東京から3時間で行けるようになったことで多くの観光客が訪れ街が活性化しました。

金沢市の「ひがし茶屋街」は美しい古い街並みが続き、和菓子、伝統工芸品、雑貨などを扱うお店やカフェがあり、フォトジェニックな観光地として若い女性に人気があります。
国指定特別名勝、日本三名園の一つ「兼六園」は加賀藩によって金沢城の外郭に造営されました。四季折々の美しさがありミシュラン観光版で最高ランクの3つ星を獲得し海外の観光客も訪れます。

加賀百万石の伝統文化が受け継がれた数々の工芸品があり「輪島塗」「九谷焼」「加賀友禅」「金箔」「加賀水引細工」など、日本の美しい歴史を今に残しています。

参考資料:ほっと石川旅ネット

石川県の婚活事情

生涯未婚率
平成27年/男性17.03%・女性7.38%
 
平均初婚年齢
平成28年/男性30.7歳・女性29.1歳

北陸地方はどの県も生涯未婚率は同じような数値になりました。石川県は他県に比べて賃金が高く、世界シェア、国内シェアトップの製造会社が多いようです。世帯収入が高い県は生涯未婚率が低く、共働き世帯が多いランキングも4位と夫婦で支え合って生活している様子が伺えます。共働きは家族の協力が必要不可欠ですのでお互いで協力し合うことで結婚生活もうまく続きます。

石川県の離婚率

婚姻件数/4,965件
離婚件数/1,469件
離婚率/29.6%
平成30年

離婚率が東京についで2番目に低い数値となりました。東京都は人口が多いので別格ですが、2位の石川県のデータはとても興味深いもので隣の富山県は3位です。離婚にならない結婚相手としっかり出会えていることになります。北陸地方は大きな家を好み3世代同居世帯も珍しくありません。冬の期間が長く家族で過ごす時間も多いことから仲が良く、幸福度が高いことが考えられます。北陸地方は共働きが多いことから家族が協力しあい幸せな生活を続けていく努力をしています。

結婚が良いものだと石川県民は幼い頃から知っています。結婚の良さを伝えられる仕事が結婚相談所です。石川県は人口の多い金沢市に結婚相談所が集まっていて石川県全域の婚活のサポートができているとは言えません。また結婚をしたくても周りは既婚者が多く新しい出会いがない場合もあります。今では新幹線が開通したことで首都圏への移動がしやすくなり、広い範囲でお見合い相手を探すことが可能になりました。

福井県について

越前大野城は標高249mの亀山に建ち日本のマチュピチュ(天空の城)」と呼ばれていて、周囲が雲海に隠れた時は城が空に浮いているように見えとても幻想的です。日本最古の天守閣を持ち国指定の重要文化財に指定され、周辺の霞ヶ城公園は桜の名所です。幕末に活躍した橋本左内、松平春獄、坂本龍馬の推薦により今の財務大臣になった由利公正は福井県の生まれで、歴史に関する銅像や石碑が多く残されています。
日本海に面し越前がに、若狭ふぐ、越前うになど豊富な魚介類が採れ、福井名物ソースカツ丼は大正時代から作られ今でも市民に親しまれています。

参考資料:ふくいドットコム

福井県の婚活事情

生涯未婚率
平成27年/男性15.83%・女性5.64% 

平均初婚年齢
平成28年/男性30.6歳・女性28.9歳

参考資料:“共働き世帯”の平均年収は730万円。都道府県別の割合と4つの増加理由

生涯未婚率男性44位、女性はなんと47位と1番低い結果でした。東京が17.37%なので数字の差に驚きです。北陸地方は生涯未婚率が低いとお伝えしましたが福井県が1番低いです。福井県は出生率も高く1.55と全国平均(1.36)を上回っています。平均初婚年齢も男女ともに若いので出産年齢も若く、第二子、第三子と続きます。共働き世帯は全国1位。女性の就業率も石川県についで2位と高く、保育園の待機児童0、3世代同居世帯も日本で2位の多さで子育てがしやすい環境が整っていることで、結婚を前向きに考えることができます。結婚をしても働く女性が多く、仕事と子育てを両立しています。

参考資料: いいね福井キャンペーン

福井県の離婚率

婚姻件数/3,274件
離婚件数/1,081件
離婚率/33.0%
平成30年

離婚率は平均並です。生涯未婚率は低くても離婚をする人は一定数います。しかし、平均初婚年齢が若いこともあり再婚が早くできる可能性も高くあります。福井県は結婚相談所が少なく大手結婚相談所もありません。生涯未婚率の低さから今までは出会いの場があったことがわかりますが、福井県の人口は減少しています。若者離れ、少子化が進んでいることから今までのように自然な出会いは難しくなります。

NOZZE.の長年の婚活ビジネスを屈指して改良を続けるマッチングシステムを使うことで、より多くの出会いを作ることができます。福井県で新しい婚活のかたちを作っていくことで結婚相談所の開業は成功します。

参考資料:都道府県ランキング! 結婚・出産の年齢、そして生涯未婚率
参考資料:【最新版】離婚率が高い都道府県ランキング|離婚率増加の背景を考察!

NOZZE加盟店の詳しい情報はこちらをクリック▼

ノッツェ.加盟店

地方での結婚相談所の開業についてはこちらの記事をご覧ください!

地元に密着した結婚相談所

地域によって結婚についての県民性が違うようです。全国で結婚相談所が増えていますが、本社は東京にあり、地元出身ではないスタッフが対応している結婚相談所もあります。その土地の地域性だったり、県民性を1番理解しているのはそこで生まれ育った人です。デートをする人気の場所や結婚式場も詳しく知っています。自分が生まれた土地で作る結婚相談所は、地元を知り尽くした今までの情報を活かして、誰にも負けない地元に密着した結婚相談所を作ることができるのです。

結婚相談所の開業は地域貢献◉

結婚相談所を開業し、結婚をする人が増える、子どもが増えることは立派な地域貢献です。今では婚活ビジネスを始めると自治体から助成金が出る場合がありますので、結婚相談所の開業をする時は調べてみましょう。

結婚相談所を開業すると広がる人の輪はたくさんあります。プロフィール写真を撮影するための写真館。美容院。お見合いをするホテル。婚活イベントを行う場合は飲食店。結婚が決まり挙式や結納式を行う場合は結婚式場。衣装レンタルショップ。引き出物の製菓店など多くの人と関わる機会が増えます。その分関わったみんなが仕事が増え収入が増えることで地域全体が潤い感謝をされることが増えます。結婚相談所の仕事は、人を幸せにし、周りも幸せにすることで自分自身がやりがいを感じることができます。

NOZZE.は結婚相談所の開業を応援します

NOZZE.は大手結婚相談所です。支店があり加盟店事業を行っている結婚相談所は多くありません。NOZZE.は今まで多くの成婚カップルを生み出してきましたが、現在、日本人の30代前半の男性2人に1人が独身、女性は3人に1人が独身という状況です。これを回避するためにはより多くの結婚を後押しする人が必要と考えました。経済産業省の調査でも婚活市場は約600億円と年々増加している市場であり、未婚率は急増しているが未婚者の多くが1年以内の結婚を望んでいることから、婚活をビジネスにするチャンスが広がっていることがわかります。そのためNOZZE.は結婚相談所の開業を真剣に考えている加盟店には、28年の実績を活かしたノウハウを惜しみなく提供をしています。一緒に「結婚をして幸せになる人を増やしていく」仲間だからです。地域貢献になる結婚相談所を作るお手伝いをぜひNOZZE.にさせてください。NOZZE .は支店がありますので開業後もサポートをさせて頂きます。

富山・石川・福井で結婚相談所の開業を考えている方はお問合せください

NOZZE.加盟店(結婚カウンセラー)の接客の様子
小林カウンセラー

NOZZE.は全国に会員様がいます

NOZZE.加盟店は接客やお見合いの時にNOZZE.支店を利用できます。支店には多くの会員様が入会していますので、加盟後はご自身が入会をさせた会員様とお見合いを組むことができます。北陸地方は結婚相談所の数に偏りがあり、広い範囲での結婚のサポートがうまくできていないことが現状です。結婚相手がなかなか見つからないなら間に入って探す人、交際に至った場合は結婚までのフォローをする人が必要です。地方の婚活は地域性が強く出るので、地域性を理解しそこに慣れ親しんだ人が1番の適任です。

多くのうれしい成婚報告が届いています

毎年NOZZE.加盟店では、成婚数、お見合い数の多い加盟店の表彰式を行っています。2020年の表彰式では北海道の加盟店が成婚数、お見合い数ともに表彰されました。地方でも結婚相談所は需要があることがわかります。しかし、富山・石川・福井では活動している結婚カウンセラーが足りず、婚活をしたい人に対してサポートをする手が足りていません。地域によっては人口が少ないことも懸念されますが、NOZZE.のマッチングシステムを使えば全国の会員様を検索することができます。最近では、お互いの住んでいる地域まで車で2時間以上かかるカップルが成婚した事例もあります。広い範囲で相手探しをすることで素敵な相手に出会えることもあります。

在宅・副業にピッタリなお仕事です!

在宅の仕事が注目されている今、結婚相談所の仕事は在宅にとても向いています。結婚相談所の開業は必ずしも店舗を持つ必要はありません。家やカフェで自分のペースで仕事ができます。また在宅の仕事は人気ですが求人を探してもなかなか見つからないのが現状です。北陸地方の冬は多くの雪が降ります。天候を気にしないで行える在宅の仕事はますます需要が増えるでしょう。結婚相談所の仕事はパソコンと携帯電話があれば行えます。対面で会う回数も少なく、今はオンラインで仕事ができますので、現在の仕事をしながら副業として始めることができます。婚活ビジネスは、今の仕事をしながらちょっとしたスキマ時間に行える仕事でリスクが少なく始められるので人気があります。
北陸地方は共働き世帯が多く働くことにとても前向きです。今までのお互いのビジネスノウハウを活かし夫婦で起業もオススメです。これだけ結婚の文化が強く生涯未婚率も低い北陸地方です。結婚の良さを伝えられる、結婚カウンセラーにピッタリな方がたくさんいることでしょう。結婚相談所の数が少ない北陸地方は婚活ビジネスのチャンスがあります。

富山・石川・福井で結婚相談所の開業なら、支店があるNOZZE.がオススメです。全国に支店があるのでご紹介可能な会員様が多くいます。

まずは富山・石川・福井の開業担当者が詳しくご説明を致しますのでお気軽にご連絡ください。現在オンライン対応中です。

富山・石川・福井の開業支援担当者からのメッセージ

北陸エリアは地域的に大手結婚相談所がオープンしづらく、昔ながらの結婚相談所や婚活パーティーが主な婚活方法でした。最近は昔ながらの結婚相談所は仲人の高齢化もありシステム化がされておらず、利用者にとってはあまり効率的ではない活動方法のため利用者が減っています。また、婚活パーティーは新型コロナウイルス感染への危機感から参加者が減少し、北陸エリアでは婚活する方が安心して利用できるサービスが少なくなっています。
NOZZE.加盟店では、会員様が効率よく活動できるシステム化と結婚カウンセラーがしっかりとお世話をするというバランスの取れたサポートをしていただける仕組みができています。今後北陸エリアの方が安心して婚活できるようNOZZE.加盟店として活躍されませんか?
定期的に金沢・福井・富山での出張説明会も行っており、zoomを使ったオンライン説明会も実施しています。まずは開業説明会にお気軽にご参加ください。

NOZZE.加盟店の詳しい情報・説明会予約はこちらをクリック▼

加盟店を募集しています

関連記事

Top