30歳の女性は結婚できない?婚活をして結婚できる確率はどのくらい?

2020年9月13日

女性が30歳になると不安に感じるのは、結婚のことではないでしょうか。まわりの人が次々に結婚していく中で、自分はいつ結婚できるのだろうかと心配になる人が増えてくるのが30代です。30代になってから結婚している人が現実にはどのくらいいるのか、知りたい人もいるでしょう。ここでは、30歳の女性が結婚できる確率と、その確率を上げる方法、そして30代女性はどうすれば結婚相手を見つけることができるのかについて解説します。

30歳の未婚率はどれくらいなの?

30代女性結婚

初婚年齢が上がり、生涯未婚率も高くなってきています。20代後半になってから結婚することはもはや珍しくなくなり、30代で結婚していない人も多くなってきました。30歳や30代の未婚率は、2000年は33.9%、2005年は39.9%、2010年は41.5%、2015年で41.9%になり、年々上がっている傾向があります。30歳以上の10人に4人は結婚していないわけですから、少数派では決してありません。

さらに、30代で恋人がいない人の割合は6割以上というデータもあります。結婚の前提として、まずおつきあいしている相手がいることが大切になります。しかし、未婚の人でおつきあいしている相手がいない人が10人に6人いるのです。つまり、30歳を超えて恋愛しづらくなり、その結果として、未婚率も増えているのだと考えることができるでしょう。

これらのデータ結果は、30代になってもまだ結婚していない人が多くいる反面、30代になってしまうと恋愛すらしにくくなる状況があることを示しています。この辺りの事情を理解しておくことが、30代で結婚するためには必要になりそうです。

30歳を超えると恋愛がしづらくなる理由

なぜ、年齢が30歳を超えると恋愛しづらくなるのでしょうか。主な理由として考えられるものは、まず30代になるとそもそも出会いが減ることが挙げられます。男性は自分よりも年下の女性を結婚相手として選ぶことが多いので、女性が30代になると、なかなか相手が見つからないケースが増えてきます。また、これまで仕事をバリバリこなしてきた人は、30代になって仕事を任されるようになり、プライベートに割ける時間が少なくなる年代ともいえるでしょう。

周りに結婚を意識できる相手がいないということも考えられます。職場の同僚はすでに仕事仲間になってしまっていて、恋愛や結婚の対象として見られなくなっています。素敵だなと思う人は、もう結婚してしまっているというケースが増え始めるのも30代です。だからといって、新しい出会いを求めるのもなかなか難しいでしょう。

30代になって相手に声をかけづらくなった、アプローチの仕方がわからなくなったため、というのも理由として挙げられます。20代の頃は、男女ともに積極的で、女性から声をかけてアプローチすることもできました。しかし、30代になると大人の分別が出てくるので、男性が魅力的でも気軽に声をかけられなくなってしまうのです。年齢的に結婚を意識せざるをえないので、男性と軽い気持ちで付き合えないと思っていることも、30代で恋愛しにくくなる原因の1つです。

30歳の女性が結婚できる確率は? 30代女性の婚活のリアル な現状

実際に、30歳の女性が結婚できる確率はどれくらいなのか気になるところです。総務省の未婚率に関する調査を見ると、30歳の女性が5年以内に結婚できる確率は、35.5%とされています。結婚できる確率が最も高いのは26歳で、43.5%です。初婚年齢が上がってきているとはいえ、やはり30代になると結婚できる確率が下がってくるといわざるをえません。

30歳の女性が5年以内に結婚できる確率は35歳になるとグンと下がり、21.5%になってしまいます。全体で見ると、26歳をピークとして年齢が上がるほど結婚できる確率は下がっていきます。つまり、26歳を超えても結婚する人はもちろんいますが、結婚できる確率は年齢が上がるにつれてどんどん下がっていくということです。

こうした結果を見ると、30代の人が結婚したいなら、できるだけ早く婚活をして結婚することが大事だといえるでしょう。35歳以降になると結婚できる確率がさらに低くなるので、30代前半のうちに相手を見つけるのがよさそうです。女性の場合は高齢出産になってしまう年齢でもあるので、30代に入ったらできるだけ早く結婚することがポイントになります。

婚活で苦戦する30代女性。実際の確率はもっと低い!?

実は、先ほどのデータ上の確率は、必ずしも正確とはいえません。その理由としては、総務省のデータには彼氏の有無は含まれていないからです。彼氏がいるかいないかは、結婚率に影響がありますが、これが含まれていません。また、結婚できる確率には、彼氏がいる人や、もともと結婚する予定があった人も含まれています。つまり、そもそも結婚する確率が高かった人も含まれているので、こうした人を除くと、現状彼氏がいない女性が結婚できる確率はもっと低いと考えられます。

つまり、30歳の女性が5年以内に結婚できる確率は35.5%、35歳で21.5%というのは、実際にはもっと低い可能性があるということです。この数字だけでも充分低いですが、実際にはさらに低いものと予想されます。現実的には、30代になってから相手を見つけて結婚するのは、想像以上に難しいのだということを覚悟しておかなければなりません。

30歳になるまで結婚できない主な理由

女性が、30歳になるまで結婚できない理由としては、いくつかのことが考えられます。まず、30代になるまで恋愛対象には出会っていても、結婚に至るような人との出会いがなかったということです。学生の頃はそれなりにあった出会いのチャンスも、社会人になると意外と少なくなってしまいます。その理由としては、仕事が忙し過ぎるということが挙げられるでしょう。今や女性も就職するのが当たり前になり、総合職や管理職としてバリバリ働く人も多くなってきました。入社当初からキャリアを積むことを念頭に、男性と同じように仕事をこなす女性は少なくありません。男性がなかなか結婚できない理由の1つに仕事がありますが、女性も同じように仕事が忙しくて結婚できない人が増えているのです。

30歳になるまで結婚できなかった理由としては、20代のうちに結婚に対する焦りを感じていなかったためというのもあるでしょう。20代は何もしなくても出会いのチャンスが多いので、それがいつまでも続くように感じてしまいます。それが、30代になった途端に出会いが急になくなり、慌てて婚活を始めるというパターンです。

女性が年齢とともに結婚できる確率が下がるのはなぜ?

20代女性よりも、30代女性のほうが結婚できる確率が下がります。さほど年齢が変わらなそうなのに、なぜ30代になっただけで確率が下がってしまうのか、疑問に思う人もいるかもしれません。女性が年齢とともに結婚できる確率が下がっていく理由としては、いくつかのことが考えられます。まず、結婚には子どもを持つということも含まれているからです。女性の出産適齢期は20代で、35歳以上の出産は高齢出産となってしまいます。30代に入ってももちろん出産することは可能ですが、出産適齢期を過ぎているというイメージになるため、子どもが欲しい男性は20代の女性を希望することが多くなります。このような理由で、30代女性は結婚の対象から外されてしまいがちなのです。

また、30代になると、結婚という形を取らなくても別によいのではないかと男性に思われる傾向もあります。子どもを持つことを考えると、結婚して法律上の夫婦になることは重要かもしれません。しかし、どうしても子どもが欲しいというのでなく、ただ「好きな相手と一緒にいたい」というだけなら、わざわざ結婚しなくても恋愛や同棲で十分だと思われてしまうことがあるのです。結婚するということは、手続き的なこともありますし、双方の家族とのおつきあいも始まるので、熱意や情熱がないとなかなかできないのが現実です。30代ではすでに経済的にも自立していることもあり、あえて面倒な結婚は選択したくないといって、結婚まで至れないケースは少なくありません。

【関連リンク】ノッツェ.恋愛・結婚意識調査 Vol.13 結婚相手に選ぶ条件とは?

婚活に成功する30代女性の特徴

全てをひっくるめて一言でいえば「素直な女性」です。結婚相談所のカウンセラーや友人でも構いません。客観的に見た貴方の良い所、悪い所、婚活に有利な所、不利な所を受け入れる必要があります。

30代になると恋愛も一通り経験し、恋愛観が凝り固まってしまう人もいるでしょう。 例えば「連絡は男性からしてくるものだ!」逆に「連絡をくれないからあの人は私に興味がないのだ」と決めつけてしまうとチャンスを逃し婚活に苦戦することになります。

素直に人の意見を受け入れられたり、相手に感謝できる女性は30代に限らず、40代でも婚活に成功する人が多くおられます。

1、モテる30代の女性はメイクやファッション、髪型など見た目にセンスがある

20代の頃、早ければ10代でも可愛いと言われるファッションや美人に見えるメイク、憧れの有名人を真似したりと「美」や「モテる」ことえを追求したのではないでしょうか 。その時は無意識に流行やセンスのある人の真似を追求していた人もいるかもしれません。

しかし、30代になれば優先順として「自分に似合う」ものが高くしましょう。そして「清潔感」を大事にしましょう。

無理に自分を美人に見せようとすればファッションやメイクが自己主張し過ぎてしまい逆効果となります。

2、仕事に対して熱心で、社会的に自立している女性は魅力的

30代になると社会人になってからある程度の経験を積んでいることもあり、一般企業であれば責任ある立場にいて部下を持っていたり、技術職であれば一人前として認められている人もいるでしょう。

そのような女性はそれだけ仕事に熱心に取り組んでいるという証で、社会的にしっかり自立していることがうかがえます。

仕事でのトラブルを解決したり、良い成績を残すことで回りが評価をし、社会人としてキャリアアップを重ねている女性は男性にとって魅力的です。

将来的に専業主婦になりたという女性もいるかもしれません。男性がそれを望んだり、収入が高ければそれも可能でしょう。ただ仕事を熱心に取り組む勤勉さがあれば専業主婦になったとしても安心して家事を任せられる印象を男性は持ちますし、何より「頑張っている人」というのは常に魅力的なのです。

3、貯金や投資などお金の使い方が上手な女性には安心感がある

30代であれば社会人経験も長く、会社勤めであれば収入は安定しているはずです。仮に転職を繰り返して収入に変動があったり、フリーランスだったとしても収入と支出のバランスはとれるはずです。

後先を考えずに買い物をしたり、常に貯蓄がないような状態では将来的に結婚し家庭を持った際、生活を共にする男性に不安を与えてしまいます。

もし苦手だというのであればファイナンシャルプランナーに相談してみていいでしょう。一番良くないのは「自分がお金の管理が苦手」だという認識がなく、その対策がとれないことです。

悩んでいるなら行動を!30歳を超えた女性が結婚する方法は?

30代女性結婚

女性の結婚に関しては、さまざまな要因から20代と30代とでは大きな差があります。20代ではどこにでもあった出会いのチャンスが少なくなり、結婚に対して前向きに考えようとする気持ちも弱くなってきてしまいます。出産を考えるとできるだけ早く結婚したいものの、結婚どころか、恋愛の可能性すら減少しているというのが厳しい現実です。

このようななかで、30代の女性が「婚活に成功」=「よい相手を見つけて結婚する」ためには、まず、出産適齢期を過ぎる前に男性と交際し、婚約してしまうことが挙げられます。35歳以上は高齢出産となり、母子ともに負担が大きくなるといわれています。ですから、それまでによい相手をスピーディに見つけて、結婚・出産までの時間をできるだけ短くすることがポイントです。年を取るスピードは変えられないので、相手選びにいかに時間をかけないかが重要になってくるでしょう。

できるだけ結婚願望がある男性にだけ出会えるようにすることも大事です。男性との出会いをいくら求めても、相手に結婚願望がなければ、当然のことながら結婚には結びつきません。30代に入って早く相手を見つけたいと思っているのであれば、最初から結婚を前提としたおつきあいができる人に的を絞ったほうが効率的です。

仕事や趣味が充実している年代だからこそ、相手選びに時間をかけない事も重要な要素になります。結婚を強く意識した男性と効率よく出会える結婚相談所が良いでしょう。

【Q】30代の女性が結婚相談所を利用するメリットはありますか?

【A】年収や学歴、独身である事を公的証明書等で確認されている事は勿論ですが、普段の生活では知り合う機会のない業界や年代など様々な方と出会えるのもメリットの一つです。

仕事が忙しい方、結婚願望のある男性に出会いたい方は結婚相談所ノッツェ.にお越しください。ご相談のみでもお気軽にお越しください。

【関連リンク】30代の男性女性限定で、活動しやすいコースがある結婚相談所

次回は「30歳の女性は結婚できない?結婚できる確率はどのくらい?その2」で30歳女性が結婚の確率を上げる方法について触れたいと思います

人生最高の婚活を、あなたにお届け!

年間10万組以上がカップリング
【条件+ルックス+ライフスタイル】全て網羅したピンポイント紹介は無駄のない出逢いのみをご提供
80%以上が交際してから1年以内にご成婚
結婚前提の出逢いだからこそ交際から結婚までもスムーズ

ノッツェ.独自の無料婚活サービスをご用意させていただきました♪

\【最短婚活】無料で2名ご紹介/

\【最適婚活】プロに婚活相談/


関連記事

Top